住まいの中で水がどのように存在しているかが分かれば、水漏れの大体の場所が推定できます。
 壁が濡れてきたり、天井から水滴が落ちてきたりした場合、まず、第一にその水が浄水か汚水かを確かめる事です。臭いを嗅いだり、色を見たりしますが、浄水と雨水の違いは臭いやにじみ出てきたくらいの水の量では判定できないので、汚水で無いことが臭いから判断できたら、次に家中の全ての給水栓を硬く締めて、一切水を使っていない状態にします。
 それができたら水道メーターの蓋を開けて、最も単位の小さいメーター(リットル)の針が動いていないかどうかを確かめます。針が動いていなければ、給水管からの水漏れではありません。
 しかし、ただ一箇所、メーターが回らないで給水系統から水漏れするヶ所があります。それは水洗便所で水を溜めているタンクからの漏水です。給水系統の漏水と分かったら、水道の元栓を固く締めて修理を依頼します。
 便所、洗面所、流しなどから排出される汚水系統からの水漏れの場合は、排水管をふさぐ事はできないので修理が完了するまで水を流さない事です。
雨漏りの修理は水漏れの修理に比べはるかに厄介です。それはどこから雨水が浸入しているか判定しにくいからです。原因は屋根、外壁、開口部(窓サッシ)、ベランダなどさまざまです。劣化による雨漏りもありますが、新築時の施工ミスによる雨漏りも散見されます。
 雨漏りがあったら、間取り図(平面図)に濡れた位置、範囲を明記し記録しておきます。調査は屋根に上ったり天井内に潜ったりすることになるので、信頼できる業者に依頼しましょう。保証期間内であれば、請け負った施工業者の責任に
おいて修復してもらう事になります。
地盤が割れる原因は、大別して地盤が動く(移動)場合と、地盤が乾燥してひび割れする場合があります。地割れの大小にかかわらず、建物が建っている地盤であることを考えると、軽視できない危険な症状といえます。原因は専門家でなければ分からないことが多いので、早めに相談しましょう。
住まいの中にはいろいろのカビが生えますが、その多くは人に有害な菌です。ぜんそく、湿疹、皮膚疾病や体調不良などと深く関係している事が指摘されています。
 カビは「結露」する場所に間違いなく生えます。カビが生える条件は、湿気、温度、栄養分です。「結露」は現れる両面の温度差が原因で起こります。単板ガラス(一枚ガラス)の窓サッシなら室内の温度上昇で必ず起こります。カビを生やさない対策は、湿気を拭き取る、温度を一定にする、掃除をこまめにする。などがありますが、断熱サッシなど費用のかかる対策もあるので、よく調べてから実施しましょう。
住まいの内や外で亀裂や隙間が生じる箇所は少なくありません。また、亀裂の入る材料が、コンクリートとも限りません。内壁、タイル、床、外部コンクリートの亀裂、犬走りの亀裂など多岐に渡って起こります。
 箇所、材料の亀裂の原因を大きく分けると三つになります。
 1.  材料の材質で生じる場合
 2.  外部から力が加わって生じる場合
 3.  正しい施工が行われなかった場合
  コンクリートは理論的に固まる過程で収縮し、そのために起こる亀裂は防げないといいますが、問題はその収縮幅にあります。10mの長さに対し3mm程度の亀裂が出るのが普通ですが、それ以上になると、材料の特性だけでは
ないと思われます。地震などの圧力や施工ミスによる亀裂かどうか
留意すべきです。
春から梅雨にかけて、よく小さな羽根が無数に落ちているときがあります。シロアリが活動期に入ったことを表す現象です。住まいの大敵であるシロアリは、最近特に活動が活発化し、あらゆる住まいに巣食うようになりました。高気密、高断熱の住宅が増えた事とも関係があるかもしれません。
 シロアリは、水が生命線でじめじめした環境があると、入り込む可能性があります。住まいの周りに物があって風が通りにくかったり、雨が降ってもきちんと排水されないところは、シロアリの餌食になりやすいでしょう。防蟻工事の保証は5年間ですが、期間が過ぎたら一度業者に点検を依頼しましょう。
失敗しないリフォームの進め方へ

問い合わせ

お問い合わせフォームへ
このページの上に戻ります