化粧板の種類

1.突き板化粧板
 突き板とは、天然銘木などの木材を0.6ミリ〜0.2ミリ程度の厚さに薄くスライスしたものを基材に接着し、その上を塗装などで仕上げたものをいいます。化粧板でありながら天然木の自然な木目柄、深み、味わいが楽しめます。 製品としての品質は、突き板の厚みに左右され、厚みがあるほど耐傷性や耐摩耗性に優れています。化粧板の中ではもっともグレードが高くなります。
 ◆突き板化粧板の製品例
  フローリング、室内ドア、クローゼット(扉)、キッチン(扉)、家具、造作材他

2.メラミン化粧板
 メラミン化粧板とは、化粧紙にメラミン樹脂を含浸させ、これを積層することによってつくられる板を基材に貼り付けた化粧板です。表面仕上にはツヤのあるフラット仕上げや凹凸のあるエンボス加工されたものがあります。表面が強いことから、テーブルやカウンターなどの耐久性が必要なところに使用されます。化粧板の中では耐摩耗性、耐水性、耐熱性に優れたもっとも高機能な素材といえます。

3.ポリエステル化粧板
ポリエステル化粧板とは、基材に化粧紙を貼り、その上にポリエステル樹脂を塗布し乾燥(硬化)させたものをいいます。メラミン化粧板よりも安価ですが、耐摩耗性、耐水性などはやや劣ります。家具等の扉材として使用されます。
 ◆ポリエステル化粧板の製品例
  各種カウンター、キッチン(扉、キャビネット、ワークトップ)他

4.塩ビ化粧板
 塩ビ化粧板とは、印刷を施した塩ビフィルムを基材に貼り付けた化粧板のことをいいます。塩ビ化粧版には基材に貼っただけの単層タイプと、さらにその上に透明塩ビフィルムで覆う二層タイプがあります。 塩ビフィルムは熱で柔らかくなる性質があるため、表面に凹凸をつけることができ、また色・柄が豊富で安価なため、住宅の内装材として広く使用されています。
 ◆塩ビ化粧板の製品例
  フローリング、室内ドア、クローゼット(扉)、キッチン(扉)、家具、造作材他

5.オレフィン化粧板
 オレフィン化粧板とは、印刷を施したポリプロピレンフィルム等(樹脂シート)を基材に貼り付けた化粧板のことをいいます。オレフィン化粧版には基材に貼っただけの単層タイプと、さらにその上に透明塩ビフィルムで覆う二層タイプがあります。 特徴は塩ビ化粧板と同様ですが、環境問題から塩ビ化粧板に代わって使用されはじめています。
 ◆オレフィン化粧板の製品例
  フローリング、室内ドア、クローゼット(扉)、キッチン(扉)、家具、造作材他

問い合わせ

お問い合わせフォームへ
このページの上に戻ります