リフォームの豆知識

リフォームする時の業者の選び方や各部位別のリフォーム攻略法など、リフォームを
検討する際に役立つ豆知識をお届けします。

リフォーム業者の選び方

リフォーム業者の選び方

業者の選定は、きちんとした工事管理をするか、工事保証はあるか、アフター・サービスは万全か、ユーザーの評判はどうかなど調べられる範囲でチェックしましょう。また、住みながらの工事に充分な気配りをしてくれるかなども選定の基準にしましょう。

リフォームの種類

今ある建物に部屋を増やしたり、上階に建て増しなどをして建物の床面積を増やすことをいいます。

床面積はそのままで室内の間仕切りを変更したり、部屋を違う目的に使うために改造することをいいます。

間仕切りなどをいじらずに、床、壁、天井などの内装を替えたり、屋根、外壁など外回りの模様替えなどをいいます。

内外装の細かな修理や、キッチンや浴室などの設備機器の修理などがあります。

部位別のリフォーム攻略法

リフォームするさまざまな部位をどのようにしたらよいか、大まかなポイントをご紹介します。

お風呂

お風呂リフォームイメージ 浴室は、家の中で大量の水を使う場所ということもあって劣化が激しい場所です。
 タイルがはがれたり、出入り口の床が腐ってきたりと傷みが目立ってきます。シロアリなど害虫の住処にもなりやすい場所です。
 新築で多く採用されるユニットバスが最近リフォームでも使われるようになって来ました。大量の水を漏らさず直接排水することや、床下を風が通るようになり湿気がとどまらない利点があります。
 また、冬季の暖房や梅雨時の洗濯物干しに便利な換気乾燥暖房を備えたオプションも選べます。価格はさまざまですが、グレードは数種類あるので、生活スタイルに合ったものを選びましょう。

 

洗面所

洗面所リフォームイメージ 洗面所のリフォームは、洗面化粧台の価格が総費用の相当部分を占めます。
 洗面ボールが大きくて多目的に使えるものや、狭い洗面スペースでも機能的に使えるものなど多く発売されています。
 また、以外と収納物が多くてむき出しで置かれているのもここですね。この際収納スペースが確保できるよう計画するのもいいでしょう。
 今回以降に浴室のリフォームを検討しているとしたら、思い切って同時に工事しませんか。浴室に面した洗面所なら改めて間仕切り部分のやり直しが発生するので、同時に工事したほうがいっぺんに済んでしまいます。

 

トイレ

トイレリフォームイメージ 一般的には便器の交換、和式トイレを洋式トイレに変えることが考えられます。
 高齢になってからのことを考えても、和式トイレを洋式トイレに換えることはさまざまな点で優れています。同時にドアノブをレバー式に交換したり、手洗い器の設置や手摺、入り口の段差を解消することも検討しましょう。
 便器は最近とても機能が進化して、節水型でコンパクトなものが多くなり、使いやすくなっているのでメーカーショールームなどで確認しましょう。

 

台所

台所リフォームイメージ キッチンは家族の食料工場と同時に集う場所でもあります。長時間作業するスペースは機能的で動きやすい空間にしたいですね。
 キッチンには、ダイニングとつなげて設置するタイプが好まれていて、ダイニングスペースの一角に設けるオープンタイプ、ダイニングに対面する対面式タイプ、そしてダイニングと独立させた独立タイプ。最近の主流は対面タイプが多くなっていますが、キッチンのためのスペースが広く必要なことと、食堂から見えてしまうので常に片付けておく必要があります。さらに炊事の音も結構気になるようです。
 独立タイプは、キッチンが個室になっているので、においや煙や音が気にならず収納スペースも多く取れますが、ダイニングとの行き来に不便さがあります。
 流し台など設備機器を交換する場合、大半はシステムキッチンを選んでいます。
 製造メーカーもたくさんあって迷ってしまいますが、ユニットバス同様生活スタイルに合ったものを選びましょう。機能商品などオプションが追加されると高額なキッチンになることもあるので慎重に選びましょう。
 いずれにしてもメーカーショールームで実物を見ながら決めるといいでしょう。

 

収納

収納リフォームイメージ 元来、日本人は物に囲まれていないと落ち着かない性分の人が多いようで、どこの家でも家具をはじめ、相当な「物」に囲まれた生活をされています。人は捨てるよりため込む事で安らぐ動物のようです。見ることも触る事も、ましてや使うことの全く無い、「物」が堂々と収納スペースを占めていませんか?まずは、収納計画のはじめにいらない物を処分する計画を立てましょう。目安は、3年間取り出さなかった物は将来的にも使わないものとして処分の対象にします。そうは言っても思い出の品物などはなかなか捨てがたいですね。そういうものはまとめて、全く取り出さないデッドスペースに格納して、入口に物リストを表示しておきます。普段使わない場所といえば、空き室になった子供室などがそうです。そうして普段使うものの収納スペースを、できるだけ手の届く範囲の場所に確保しましょう。奥行きが深い場合は、スライド式にして簡単に取り出せるようにしておきます。つまり、生活をする上でしまいやすく、取り出しやすい場所に収納スペースがあることが重要です。大きな納戸が屋根裏にあってもキッチンで使うものを、一々屋根裏部屋まで取りに行っていては大変です。生活の動きに合わせて適切な場所に適切な収納があることが、収納上手になる秘訣です。リフォームの規模にもよりますが、居室の収納物は最小限にして大部分はクローク(部屋全部が収納室)に収納します。使わない部屋があったら、思い切ってクロークにしましょう。衣類や布団は湿気やダニ、カビに注意しましょう。予防策は、いっぱい押し込まない、隙間を作って風通しを良くする。ベニヤ板の壁から調湿性のある建材に替えるといいでしょう。

 

居室

居室リフォームイメージ 子供室は、2階の南や西を向いた比較的日当たりのよい位置にあります。
 しかしほとんどの子供室は全ての材料が新建材で作られていて、「シックハウス症候群」の原因物質となった、キシレン、トルエン、ホルムアルデヒドなどの化学物質てんこ盛りの建材が使われていたのです。朝出かけて学校から帰ってくる頃には、強い日差しに部屋の温度は上昇していて、同時に建材に含まれる化学物質が揮発して室内に充満していたのです。アトピー性皮膚炎、小児ぜんそく、などのアレルギーの病気や、不登校、いじめなどの子供の世界で起こっている社会問題の一因はこのような「化学物質過敏症」、「シックハウス症候群」が原因とまでいう学者もいます。
 現在建築基準法の改正によって、化学物質の含有量は規制されていますが、はたしてもう安全なのかどうか疑問ですね。
 そこで、子供室の建材を思い切って自然素材に替えましょう。床、壁、天井に使われる建材を全て、天然木、和紙、土壁などに替える事によって改善する事ができます。また、最近では現状のまま、化学物質を分解する特殊な水溶液を部屋に塗布する事で、安全な空間に替えることができる技術も開発されています。(FTS工法といいます。当社へお問い合わせください。)

 

外回り、エクステリア、屋根

外回り・エクステリア・屋根リフォームイメージ 屋根、外壁のリフォームは住まいの寿命を左右する大事なメンテナンスです。いくら内部をきれいにしても雨漏りしては何もならないので早めの手入れを心がけましょう。
 屋根瓦の種類は、陶器瓦、セメント瓦、カラーベスト、金属など多くありますが、それぞれ耐用年数が異なるので10年程度経過したら、信頼できる業者に依頼して点検しましょう。
 外壁はモルタルに塗装仕上げ、サイディング、タイル、擬石などがありますが、変色やコーキングの劣化などで傷んできたら全体を点検しましょう。そのままにしておくと、雨漏りや腐食など家の寿命を縮める原因になってしまいます。
 既存の屋根瓦や外壁を塗装する場合は、塗料の品質に注意しましょう。アクリル樹脂、ウレタン樹脂、シリコン樹脂、フッ素樹脂など耐候性がそれぞれ違う塗料があります。
 予算は少ないに越した事はありませんが、耐候性の低い塗料(アクリル樹脂等)で施工すると、寿命が短く再塗装の必要が出てくるので慎重に検討しましょう。また、足場を組んで施工しますからその際に気になる部分も同時にメンテナンスしましょう。雨樋、庇、バルコニー屋根、雨戸など同時に工事しておくと安心ですね。
 屋根瓦を新しく葺き替える場合は、下地までチェックして傷んでいたら同時に施工しましょう。長年の風雨や日射で傷むのは瓦だけではなく下地も同様です。
 これらのリフォームは、建物の現状がよく見えるので訪問販売業者のターゲットになりやすいですね。「訪問販売」については別に述べますが、安易に依頼すると工事や金銭でトラブルが起きる可能性がありますので慎重な対応が必要です。

 

窓

窓リフォームイメージ 窓は外と内とを遮断する構築物ですが、季節の移ろいなど窓を通して自然とのコミニュケーションを図っているところでもあります。しかし近年、高気密・高断熱の住宅が建てられるにつれ、窓もその役目を変えつつあります。大きくて開放的な窓は熱の損失が大きくなるために、少しでも小さくし損失を防ぐようになっています。外気熱の侵入や放熱は窓が大きくかかわっているのです。
 冬の窓の結露は、外気温との差によって起こる現象です。外の騒音や防犯も含めて窓の性能を変えることによって大きく改善されます。政府は「住宅版エコポイント制度」で省エネの観点から勧めています。

★結露、断熱に効果的な窓ガラスとは?

ペアガラス樹脂窓タイトル

ペアガラス樹脂窓イメージ

 アルミの1000分の1以下という極めて低い熱伝導率のPVC(高耐候性硬質塩化ビニール)製のフレームに、ペアガラスを組み込んだ高断熱サッシです。
 ペアガラスにはウォームエッジ(低熱伝導率スペーサー)を使用することによって、寒冷な環境、温暖な環境どちらにもバランスのとれた断熱性能を提供でき、冷暖房費の節約に繋がります。
 また、この低い熱伝導率の働きから、アルミサッシでは防ぎにくい結露も大幅に減少させることができます。 また、溶接されたフレームとペアガラス一体型障子、各種気密材の使用により、気密・水密・耐風圧についても高水準の性能を誇っています。

高断熱真空ガラスタイトル

高断熱真空ガラスイメージ

 『真空は熱を伝えない』そんな科学的原理を活かし、世界初の真空テクノロジーを駆使して生まれたガラスが「真空ガラス」です。
 熱の伝わり方には「伝導」「対流」「放射」の3形態があり、この3つをおさえればおさえるほど、高い断熱性を生み出し、心地よい暮らしが実現できます。 真空ガラスは2枚のガラスの間に0.2mmの真空層をつくることで、熱の「伝導」と「対流」を防ぎ、「放射」は高断熱特殊金属膜で抑えています。 そのため冬は暖房負荷を軽減し、夏は日射熱を反射して、「冬は暖かく、夏は涼しい」環境をつくりだします。
 また、ペアガラスと比較しても薄く単板ガラス用サッシに装着できるという特徴も備えていますので、既存住宅の窓のリフォーム断熱化にも最適です。 エネルギーを上手に活かし、快適な暮らしに役立つ真空ガラスは、地球環境保護(CO2削減)という視点からも、大きな貢献が期待されています。

★窓のリフォームでは用途に応じて機能やデザインを選んで、快適性をアップさせましょう。

ポイント1

 住まいの中で熱の出入りが一番多い窓。 住まいの断熱性を向上させるためには、まず窓の断熱化が重要です。窓の断熱性を高めるには、ガラスを複層ガラスにする方法や二重サッシ、断熱サッシに変更する方法があります。 窓を断熱化することで、熱の出入りが抑えられ冷暖房効率がアップして省エネになる上、不快な結露が少なくなり、防音性も向上します。

ポイント2

 窓は日差しや通風をコントロールするだけでなく、外観やインテリアの要素としても大切なアイテムです。ただ、種類やデザインがとても多いので、それぞれの窓の特徴をよくわかった上で選ぶことがポイントです。 最近では開口部が大きくとれる窓も人気ですが、外からの視線も通してしまうので、プライバシー対策も合わせて検討する必要があります。

ポイント3

 風雨から窓をガードするためには、雨戸が効果的です。風雨から住まいを守るだけでなく、防犯性も高めます。
 雨戸には、引き戸タイプやシャッタータイプ、閉めたまま換気できる電動通風タイプのシャッター、小さい窓に取り付けできるミニシャッターなどがあり、窓に合わせて選べます。また、気密性や水密性の高い窓にすることも防雨・防風対策に効果があります。

ポイント4

 空き巣などの侵入窃盗事件が年々増加傾向にある中で、住まいの防犯対策は欠かせなくなってきています。 戸建て住宅の侵入犯の約7割が「ガラス破り」というデータからみても、窓の防犯対策は重要です。防犯ガラス、面格子、雨戸、センサー等色々な方法がありますので、住まいや窓に合わせて対策を行いましょう。

★「住宅版エコポイント」対象の工事は以下の3つのリフォームとなります。

窓のエコリフォームタイトル

窓のエコリフォームイメージ

 詳しくは、住宅版エコポイント制度の実施について(制度概要)をごらんください。
 当店では「住宅版エコポイント制度」を使ったお得なメニューを準備しております。
 お気軽にお問い合わせください。
 

門、庭、車庫周り

門・庭・車庫周りリフォームイメージ

 道路から玄関までのアプローチは、一日の始まりと終わりをつなぐ大事なスペースです。心の転換さえも知らず知らずに図っている場所です。庭を1m狭くしてでも玄関までのアプローチを長くしましょう。
 庭は最近のガーデニングブームできれいにされているところを見受けますが、雑草の処理に困ってコンクリートやブロックなどで覆ってしまっている庭があります。土や芝と比べて、地表の温度が10度〜14度も違うとされます。土を残して緑を植えましょう。
 また、塀の高さは侵入者が入ったときに外部からの視線が遮断されない配慮も必要です。塀を高くして見通しを悪くすると、侵入者が自由に行動できるからです。
 部分的に目隠しをしたい場合は、強風の影響を考慮したものを設置しましょう。
 カーポートなどの車庫の設置はスペース、車の出し入れ、屋根の高さなどを充分検討した上で始めましょう。強風地域の場合は風対策もしておくと安心ですね。
 

参考になりましたでしょうか。リビングウェルでは、リフォームを通してお客様の生活が快適になるよう支援いたしております。ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

問い合わせ

お問い合わせフォームへ
このページの上に戻ります