住宅用太陽光発電システムタイトル

住宅用太陽光発電システムとは?
太陽光発電は太陽電池を利用して、太陽光のエネルギーを電力に 変えるクリーンな発電の事です。 太陽電池モジュールで作られた電気を、パワーコンディショナを 通じて家庭で利用可能な電気に変換し、ご家庭内で使用します。 発電、売電、買電の全てにおいて自動的に運転しますので、 煩わしい操作の必要は全くありません。 太陽の光がある限り、太陽電池モジュールが光を受け取り、 効率よく電気を作ります。
ライン
太陽光発電の仕組み
住宅用太陽光発電システムのイメージ図
イメージ図説明
1.太陽電池モジュール
太陽光エネルギーを電気エネルギー(直流電力)に変換します。
↓
2.接続箱
太陽電池モジュールで発電した電気をパワーコンディショナに 送りこみます。
↓
3.パワーコンディショナ
太陽電池モジュールで発電した直流の電気を、家庭で使う交流の 電気に変換します。
↓
4.分電盤
交流電力に変換された電気は、分電盤から家庭内の電気製品に 送られます。
↓
5.売電量
売電量を計ります。
↓
6.買電量
買電量を計ります。
ライン
住宅用太陽光発電の設置について
屋根の種類
寄棟・切妻・陸屋根
寄棟
切妻
陸屋根
屋根の材質
和瓦・洋瓦・平板瓦・化粧スレート瓦
和瓦
洋瓦
平板瓦
化粧スレート瓦
アスファルトシングル材・金属横葺き・金属縦葺き
アスファルト
シングル材
金属横葺き
金属縦葺き
屋根の材質
和瓦・洋瓦・平板瓦・化粧スレート瓦
●発電効率
パネルの向きは真南が一番。 しかし、年間では東・西向きでも 大丈夫です。冬は南、夏は東西 向きでも十分です。

問い合わせ

お問い合わせフォームへ
このページの上に戻ります